フリースタイルスキーの魅力を徹底解説!

フリースタイルスキーがおすすめな理由

普通のスキーとはどう違う?

いわゆる普通の「スキー」では、いかに美しく滑るかが大きな要素としてあります。
たとえば重心の置き方、カービングターンの美しさなど、理想の滑り方をひとつの目標として練習を進めていくのが一般的なスキーです。
それを極めていく過程に面白さもありますし、きれいなフォームで滑れるようになると達成感もあります。

「型どおり」を目指すとも言える一般的なスキーとは対照的に、その名の通り「自由なスタイル」で滑るのがフリースタイルスキーです。
型にとらわれないことや様々な技を習得して磨いていく面白さがあると言う面ではスノーボードにも通じるものがあり、実際にスノーボーダーがフリースタイルスキーに移行するというパターンが非常に多いそうですよ。

「フリーライドスキー」とは違うもの?

「フリーライドスキー」というものはご存知でしょうか?
フリースタイルスキーと同様に、これまでのスキーとは違い自由なスタイルで、技を磨くことを目的としているものです。
そのため、一般人の間ではあまり明確な区別がついていなかったり境界線があいまいだったりします。
ですが、やはりフリースタイルスキーとは異なった競技になりますので、少しくわしく見てみましょう。

危険が伴う環境下で技を競い合うエクストリームスポーツに分類される種目が多いというのが特徴です。
その危なさが分かりやすい有名な競技を3つピックアップしてみます。
踏切台からジャンプする「ビックエア」、人工的なレール上を滑り技を繰り出す「ジブ」、そしてスキー場などでなく山を滑走する「バックカントリー」といった競技があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る